FE風花雪月キャラ考察―ペトラ

当ブログの風花雪月カテゴリーはプレイ済みに向けて書いています。
結果、ほぼすべての記事においてネタバレを含んでおります。
未クリアの方はご注意ください。

ひとことでまとめるなら、なんだかんだでエーデルガルトに似ている人。

キャラ性格診断的にちょっと事情があって、かなり難しい判定でした。

スポンサーリンク

タイプ判定

9タイプ:8w9「熊さん」

本能サブタイプ:Sp「サバイバー」

成長のレベル:レベル5付近

風花雪月キャラで一二を争うくらい難しいです。このブログにおいても最後に9タイプが確定した生徒キャラが彼女でした。

なんだかんだでエーデルガルトと同じ判定になっているのが地味にポイントか。諸事情により使えそうな支援会話が少ないため、今回はちょっと短めです。

(判定に悩んだ原因も、参考になりそうなものが少なかったため。エーデルガルトと比較されるシーンが多いので、そこから「どこが似ているのか?」と見ていくのもありかもしれない。)

赤学級バランス問題

ペトラの話をする前に、少し話しておかないといけない話題があります。それは赤学級全体で見たときのバランスです。

いつもの図表のタイプ8部分のみ抜粋。

見てすぐおわかりの通り、赤学級にはタイプ8キャラが多いです。なんとエーデルガルト、カスパル、ペトラと8人中3人がタイプ8。

そのため、エーデルガルトやカスパルのほうに性格描写が回されている部分があり、(キャラ性格診断の観点から見ると)ややペトラの不遇さが目立ちます。

※支援会話における性格描写が多い順に並べると、一番は意外かもしれませんが、カスパルです。次がエーデルガルト、その次がカトリーヌとレオニーくらい。

エーデルガルトやカスパルですでにたくさん取り上げられているタイプ8の特徴。それをペトラについても多くしてしまうと、間違いなくキャラ被りが起きてしまいます。特に立場が似ているエーデルガルトあたりと。

(エーデルガルトに近い立ち位置だからか、ヒューベルトはなんとなく気づいてますね。)

そのため、ペトラの支援会話はブリギットからの留学生(表向き)であるという設定にちなんだ話が多くなっています。(世界観的にはよくできてると思います。キャラ考察的には語ることが少なくなったけど…。

級長のようなメインの立ち位置のキャラではないためストーリーでのセリフは少なめ、そのうえ支援会話ではほとんど性格に関するセリフがないので、他キャラではだいたい見つかる「これだ!」というセリフがなかなか見つかりませんでした…。

「ブリギットはどんな状況にあるか?ペトラはそれに対し、どう考えているか?」から判定しました。

国と支配と

タイプ8の根源的恐れ:人から支配されるのではないか

タイプ8の根源的欲求:自分の身を守りたい

ペトラが、というよりはブリギットがタイプ8的と表現した方がいいかもしれません。

「立場の弱いブリギットはまわり(例として、帝国)から支配されるのではないか?」→「ブリギットの独立を守りたい」。

(エーデルガルトの場合は「闇に蠢く者に支配されるのではないか?」といった感じでしょうか。このあたりの背景も全く違うように見えて構図だけは似ていますね。)

何の為に努力するのか?

タイプ8の一般的な特徴より:恐れや傷つきやすさを抑え込み、あらゆる挑戦に受けて立てるように、強くあろうとする。

タイプ8には自分が弱かったら誰かに攻められるという考えがあります(根源的恐れによる)。その恐れに立ち向かうために、自分の身を守るために強くなろうとします。(そのためか、タイプ8キャラは自分のことを「一人の戦士」と考える傾向もあったり。これはエーデルガルト、カスパルにもみられますね。)

まとめ

ペトラの考え方はどうなのか?はブリギットの状況を見てみると見えてきやすいかと。

一方でキャラ被りに見えるのを防ぐためか、性格描写に恵まれていない部分が目立つ。

ざっくりまとめるとこんな感じ?です。

(c)2019 NINTENDO/INTELLIGENT SYSTEMS
Co-developed by コーエーテクモゲームズ

当ブログでは一部記事内においてスクリーンショットを掲載しています。問題がありましたら削除しますのでご連絡ください。

ご意見・ご感想は質問箱(アカウント不要、匿名)、またはTwitterアカウント@charalupinusに対してリプライまで。

ファイアーエムブレム風花雪月
スポンサーリンク
管理人プロフィール
かな

キャラクター性格診断と作品考察をメインに取り扱っています。なんだかんだでタイプ4のキャラの話をしているときが一番楽しい。
※画像はねんどろいどのカムイの写真です。

かなをフォローする(2020年よりSNSでの更新情報提供を始めました)
かなをフォローする(2020年よりSNSでの更新情報提供を始めました)
創作の国のかな
タイトルとURLをコピーしました