クリスマス記念雑談・風花雪月におけるキャラ間の相性について

当ブログの風花雪月カテゴリーはプレイ済みに向けて書いています。
結果、ほぼすべての記事においてネタバレを含んでおります。
未クリアの方はご注意ください。

エーデルガルトとヒューベルト、ディミトリ・イングリットとフェリクス・シルヴァン、クロードとヒルダの三つについて相性の話を書いてみた。

…調べてて楽しかったからいつかほかのペア(例えばヒルダマリアンヌとか、アネットメルセデスとか、それこそエーデルガルトとディミトリとか)についても書きたいな。

かな
かな

メリークリスマス。皆はもう誰と女神の塔に行くか決めたかな?このブログを読んでいる人の多くは風花雪月クリア済みだとは思うが。ちなみに管理人の一周目はドロテアだった。

そんな女神の塔イベントにちなみ、「相性論に近い何か」を書いてみた。タイプAとタイプBの人の関係はこうなりがち、みたいな話だがな。

同じタイプ同士の話をしても面白くないと思うんで、ここでは「別タイプかつ、よく話す機会があった人たち」に焦点を当てていくつか分析してみた。

各級長でやっても面白かった気はするのだが、今回は作中で支援会話がありかつ他作品でもわりと見かける組み合わせから選んだ。

あくまでも傾向であって絶対ではないことに注意。

スポンサーリンク

参考ウェブサイト

今回はエニアグラム米国公式サイトこと「The Enneagram Institute」のサイトを参考にさせていただきました。

The Enneagram Institute

誤訳があったらすいません。

エーデルガルトとヒューベルト(タイプ8とタイプ5)

独立性、不干渉といった共通点を持つ。相手との間に境界線を持ち、相手が入ってくることを好まない。

タイプ8はタイプ5を守りたがり、タイプ5はタイプ8が微妙な計画や行動を理解する助けになる。

一方、拒絶されることに敏感という共通点もある。タイプ5は立ち去ろうとするが、報復しようとする可能性が高いタイプ8に拒絶と取られることもある。

かな
かな

ひとことでまとめるなら、タイプ8が上に立って守る、タイプ5がそんなタイプ8を裏から支える関係。よく「リーダー」と「参謀」と呼ばれる。覚醒のクロムとルフレなどわりとよく見かける組み合わせだ。そのわかりやすい立ち位置からか味方側はもちろん敵側でもよく見られる。むしろ味方側より敵側での登場率が高い気がする。タイプ8のラスボスにタイプ5の参謀という作品を何度か見たことがある。

なお、エピローグでエーデルガルトの参謀になるリシテアだが(リシテアとエーデルガルトが一緒になったときに確認可能)、この組み合わせも実はこれ。

統合と分裂の矢印でつながっている組み合わせでもある。

青獅子学級の幼馴染四人(タイプ1とタイプ4)

タイプ4はタイプ1が感情や情熱を人に伝えるのを助ける。一方、タイプ1は(規則から外れやすい傾向のある)タイプ4の模範になろうとふるまう。

一方で、まったく別の視点(正反対の視点)から物事を見ているため対立しやすい。タイプ1は客観的に判断しようとするが、タイプ4は感情を優先しがち(客観的にならないようにしようとする)。自己規律(タイプ1)と気ままさ(タイプ4)の違い、感情を演じる(タイプ4)か抑える(タイプ1)かの違いがすれ違いの原因になりがち。

足りないものを補える良き組み合わせ(長く続く生産的な組み合わせでもある)。もしくは、フラストレーションをためひどい言い争いに終わる。

かな
かな

これまた「エーデルガルトとヒューベルト」と同じくいろいろな作品で見かける組み合わせ。

他作品でのこの組み合わせのペアはタイプ4側がタイプ1側にあこがれ、そんなタイプ4にタイプ1が影響を受け私情を認めるようになる、といった話だった(ネタバレ防止のため作品名は伏せ、かつかなりぼんやりとした書き方をしている)。こちらも統合と分裂の矢印でつながっているためかお互い何か引き寄せるものがあるのだろう。

…そういえばドロテアとイングリットは仲が良いみたいな話があったが(うろ覚えなんで違ったらすまん)、ドロテアとイングリットの関係もこの関係である。

イングリットはドロテアに幼馴染に似た雰囲気を感じたのだろうか。

クロードとヒルダ(タイプ7とタイプ3)

補完的なペアとされる。ともに自信がある、高いエネルギーを持つ、楽観的などといった共通点を持つ。

楽しく、ともに気前の良いペア。外に関心が向いている。人生を楽しんでいる。

参考サイト曰く、常に素晴らしい組み合わせに見える…らしい。一方でついていくのに疲れ果てると自己中心的に見えてくる。そうなった場合二度と復縁できない。

かな
かな

ヒルダの判定に迷っている部分があるが、今回はタイプ3の場合を取り上げた。

意気投合しやすいためか、風花雪月に限らずいろんな作品で見られるペアだ。

他作品でこのペアが出てくるときはタイプ7が主人公でタイプ3がその相棒…になりがちなのは何故だろうか。(実は風花雪月もクロードを主人公としていいならこのパターン。)単純にタイプ7に主人公が多いからだろうか?

(c)2019 NINTENDO/INTELLIGENT SYSTEMS
Co-developed by コーエーテクモゲームズ

当ブログでは一部記事内においてスクリーンショットを掲載しています。問題がありましたら削除しますのでご連絡ください。

ご意見・ご感想は質問箱(アカウント不要、匿名)、またはTwitterアカウント@charalupinusに対してリプライまで。

ファイアーエムブレム風花雪月
スポンサーリンク
管理人プロフィール
かな

キャラ性格診断から見る新しい視点の作品考察を目指しています。
最近の関心事は9タイプ(エニアグラム)とタロットの解釈。
なんだかんだでタイプ4のキャラの話をしているときが一番楽しい。
※画像はねんどろいどカムイの写真です。

かなをフォローする(2020年よりSNSでの更新情報提供を始めました)
かなをフォローする(2020年よりSNSでの更新情報提供を始めました)
創作の国のかな
タイトルとURLをコピーしました